千葉県船橋市で深海底鉱物資源探査船「第2白嶺丸」を視察

2010_1025_2.jpg

 10月25日(月)、千葉県船橋市で、深海底鉱物資源探査船「第2白嶺丸」を視察しました。これには、松あきら経済産業部会長(参院議員)、横山信一参院議員をはじめ経産部会の衆参議員らが参加しました。

 同視察は、レアアース(希土類)などの鉱物資源の安定確保に向け、日本近海の海底資源の可能性を探ろうと、横山信一参院議員が提案したものです。一行は、同船を所有するJOGMEC(独立行政法人「石油天然ガス・金属鉱物資源機構」)の上田衛門理事らから、同船の設備や海底資源調査の現状について説明を受けた後、船内を見学しました。

 視察後、私は「海底資源の持つ可能性について、国の方針を明確にして取り組むことが重要」との考えを示しました。

深海底鉱物資源調査の概要
独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構



関連記事

  1. 青森・蓬田村でトマト栽培農家を視察

  2. 地域間格差―青森、黒石両市を視察―

  3. 貨物船の座礁事故現場を視察

  4. JR常磐線 線路や破損橋梁を調査

  5. 「独立行政法人 国立病院機構北海道がんセンター」を視察

  6. 地震被災地・栗原市の被害状況を調査