地震災害の復旧現場を視察


 11月22日(日)、山口那津男代表とともに、昨年6月に起きた岩手・宮城内陸地震の被災地域(栗原市内)を訪れ、復興状況を現場視察すると共に市関係者及び被災住民の方々と復旧について意見交換を行ないました。これには、石橋信勝党県本部代表(県議)、小野寺初正、庄子賢一、伊藤和博の各県会議員らも参加しました。



 視察団は、同日午前、地震被害のツメ跡が残る栗原市耕英地区を視察。大規模な崩落で寸断された県道などの復旧状況を確認しました。県の担当者は、「来年秋の紅葉時期をめどに復旧したい」と説明。視察に同行した「くりこま耕英震災復興の会」会長の大場浩徳さんからは、「被災前、イチゴ栽培などが“生活の糧”だったが、(被災後)農業での収入は昨年はゼロだった」との厳しい生活状況が報告され、復興に向け、「農業に使用していた湧き水の確保」「生活再建への支援」などの要望が出されました。これに対し私は、「皆さんの声をしっかり受け止め、支援策を講じていきたい」と回答しました。

 続いて一行は、被災住民約30人とし関係者らとの合同会議に出席。地元住民から「水漏れの可能性が高い農地への補償の充実を」「いまだに仮設住宅で生活している」など農業、生活に関する切実な声を聞きました。会議で発言した花山金沢行政区長の菅原清志さんは、山口代表ら公明党との会議が開催されたことに対し、「(公明党の取り組みを)心強く感じた」との感想を述べました。


(公明新聞:2009年11月23日)






関連記事

  1. 台風15号による落果被害の果樹園を視察

  2. 仙台市の「障害児福祉・教育現場」を視察

  3. 岩手県(田野畑村、宮古市、川井村)を視察

  4. 地域間格差―青森、黒石両市を視察―

  5. 党地域活性化本部が鹿児島で視察

  6. 宮城県河北町長面湾の海岸侵食・長面浦のカキ大量死滅を視察