介護現場の課題を調査 ―宮城県仙台市―


 7月23日(水)、宮城県本部夏季議員研修会の終了後、太田昭宏公明党代表と共に仙台市内の介護老人福祉施設「せんだんの館」を視察し、梅原克彦仙台市長や市高齢者福祉団体連絡会の加盟団体の代表から要望を受けました。



 席上、同市老人福祉施設協議会の高橋治会長は「女性の介護職員が結婚・出産しても働き続けられる労働環境の整備や、介護施設を建設する際に一律の設備基準ではなく地域に合った弾力的な対応ができるようお願いしたい」と要望。また「ケアマネジャーの裁量と事務量を軽減」や「介護予防の啓発活動への支援」等の要望も出されました。

 施設入所者が高齢化・重症化する一方で、介護に携わる人の報酬が実労働の困難さと大きな落差があると実感。明年の介護報酬改定を見据えて、適切な対処が必要だと痛感しました。






関連記事

  1. JR北海道「鉄陸両用デュアル・モード・ビークル」を視察

  2. JR常磐線 線路や破損橋梁を調査

  3. 東京電力福島第1原発を視察

  4. 「教員養成専門職大学院」で宮城教育大学大学院を視察

  5. 岩手の農業を視察

  6. 「新燃岳噴火」「高病原性鳥インフルエンザ」で宮崎・鹿児島両県を現地調査…