宮城県気仙沼市・大島を視察


 3月1日(土)、私が本部長を務める「公明党東北元気アッププロジェクト」は、漁村における滞在・体験型の観光「ブルーツーリズム」の現状と離島の抱える課題を調査するため、宮城県気仙沼市の大島を視察しました。これには党宮城県本部の議員団も同行しました。



 視察団は、1999年から漁村での体験学習を行っている「島の学校」を訪れ、運営主体の大島観光協会の田口誠、村上敬士、畠山勝文の3氏と意見交換。席上、田口氏が「地引き網体験や養殖いかだの観察など21種類の『体験メニュー』を用意し、毎年30校前後の小中学校が利用している」など事業内容を説明。その上で「大島は公衆トイレが少ない。ぜひ、観光客の利便性を高めるため設置を促進してほしい」「鳴り砂の海岸・十八鳴浜に行く道が荒れており遊歩道整備が必要」等の要望が出されました。私は「交流人口を増やし、さらに魅力ある島にしていくための施策を健闘していきたい」と回答。その後、観光協会のメンバーとともに、観光名所となっている竜舞関の遊歩道などを視察しました。



 大島の視察の後、気仙沼市内で「地域問題意見聴取会」に出席。鈴木昇気仙沼市長をはじめ、観光協会や商工会、漁業協同組合、魚市場買受人協会の役員から、漁業における燃油高対策や中心市街地活性化について要望を聞きました。



 気仙沼湾に浮かぶ大島は、フェリーで約25分、面積約9平方㎞、人口約3500人の東北地方最大の離島。カキ・ワカメの養殖などの水産業と民宿などの観光が、島の基幹産業です。






関連記事

  1. 地震災害の復旧現場を視察

  2. 内水氾濫 対策探る ~宮城県石巻市の被災状況を視察

  3. 仙台市・泉区 「通学路」の安全点検を行う

  4. 宮城・塩釜市 仙台検疫所で意見交換

  5. 「美しい十和田湖を次代に」青森県・十和田湖で水質調査

  6. 羽越線・脱線事故現場を調査