宮城・塩釜市 仙台検疫所で意見交換


 私は2月25日(月)、輸入食品の安全対策を探るため、宮城県塩釜市の仙台検疫所を視察。職員と意見を交換しました。これには党宮城県本部(石橋信勝代表=県議)の県議会議員、市議会議員団の議員団が同行しました。



 一行は、まず同検疫所の山口秀一次長から、2008年度の輸入食品監視指導計画における改正点について、(1)約8万件の食品類をモニタリング検査計画の対象にするほか、残留農薬など検査項目を拡充(2)食品衛生法を順守した原材料や添加物、製造方法であることの再確認を輸入者に求める指導の徹底――などが強化されたとの説明を受けました。その上で山口次長は「食品に関する危害情報を迅速に収集し、県や市との連携で、ただちに回収措置が取れるよう努力したい」と今後の改善点について述べました。

 この中で、私は「国民の食の安全・安心を守るため、国、都道府県と市町村、検疫所など関係機関が情報を共有化し、緊密な連携が取れる危機管理体制の確立をめざしたい」と述べ、今後の対応を党で協議することを決意しました。






関連記事

  1. 農作物被害の視察と知事申入れを実施

  2. シイタケ栽培の農業視察及び国立療養所の訪問を実施

  3. 岩手の農業を視察

  4. 「国立がんセンター」がん医療現場を視察

  5. がん新治療の確立へ ~福島医大の臨床現場を視察

  6. “県民の足”維持へ支援。青森・新幹線の並行在来線「青い森鉄道」を視察