生産者らと意見交換、アイガモ農法も視察


 5月20日(日)、岡山市で第2回目の「農業活性化フォーラム」を開催しました。



 岡山市で開かれた意見交換会では、農業に従事する生産者やJA(農協)、行政、学識者の各代表が、それぞれの立場から現在の農業を取り巻く環境や課題、それにともなう政治への要望などについて発言。この中で、教育への体験農作業の導入や農地集積の効率化、農地取得における企業参入のあり方などに関して活発に意見が交わされました。

美作大学の目瀬守男学長が、地域活性化の観点から 農業における人材育成の重要性を指摘し「農村をリードするパイオニアの育成を」と主張。また、くらしき作陽大学の岩間泉名誉教授は「今こそ、農と食と健康をつなげた教育が必要だ」と訴えました。

一方、私は 輸入農作物による価格下落を懸念する声に対し「多様な形をもつ農業が、持続可能なるようなルールを作ることが基本」と述べ、国際間交流に臨む基本姿勢を強調しました。



 意見交換会に先立ち、アイガモ農法による水稲の有機無農薬栽培に取り組む 吉備中央町の「かよう“あいがも”会(瀧川信一代表)」を訪ね、アイガモの飼育場などを視察しました。この日は、県内の生産者へ、生後2週間のヒナが貸し出しされました。

瀧川代表は、“あいがも米”について「無農薬栽培なので安心して食べていただける」と品質への自信を示したほか「安定した販路が確保できればもっと楽になる」と営農上の課題を挙げました。また、有機栽培農家の認可申請について、煩雑な手続きの簡略化を求めました。






関連記事

  1. 鶴岡市・七五三掛地区を視察

  2. 青森の党政経懇話会に出席

  3. 「港湾機能、早期回復を」海事振興連盟主催の会合に出席

  4. 貨物船の座礁事故現場を視察

  5. 青森・岩手県境の国内最大規模の産廃不法投棄現場を視察

  6. 宮城県河北町長面湾の海岸侵食・長面浦のカキ大量死滅を視察