仙台市・泉区 「通学路」の安全点検を行う


 1月29日(月)早朝、仙台市・泉区内の通学路の安全確保のために、伊藤かずひろ・党泉総支部副支部長(=県議選予定候補)、登坂しのぶ市議会議員らと共に、旭丘堤と南光台地域(鶴ケ谷国見線)
そして地下鉄・黒松駅地域を点検視察しました。




 通学校区の児童保護者からの「交通量が多く不安がいっぱい」との声に応え、住民ボランティアが自主的に通学路の安全確保に取り組んでいる状況を視察し、歩行者専用の信号機設置など未だ未整備箇所の点検を行いました。



 視察後、地下鉄・黒松駅前で街頭演説を行い、「未来に責任を持つ政治」の担い手として伊藤かずひろ(=県議選予定候補)を紹介。今後とも国民の信頼と期待に応えるため 更に奮闘していく事を約束し、さらなる党の支援を訴えました。






関連記事

  1. 気仙沼市でチリ地震津波の養殖被害を視察

  2. 復旧支援に全力 ~台風21号で甚大な漁業被害の南三陸町を視察

  3. 「港湾機能、早期回復を」海事振興連盟主催の会合に出席

  4. JR常磐線 線路や破損橋梁を調査

  5. 災害復旧加速へ総力 ~道、経済界から要望受ける

  6. スクールバス視察で千葉県君津市の小学校を訪問