JR九州特急転覆事故を緊急調査


 7月18日夜、長崎県諌早市高天町で起きたJR九州特急電車の脱線転覆事故(36人が重軽傷)の緊急現場調査を行いました。


 たまたま党の列島縦断フォーラムで長崎市に来ており、フォーラム終了後にホテルで第一報を受け、深夜豪雨をついて現場に急行しました。
 現場では、事故検証作業が続けられる中、落石によって大破した先頭車両の破損状態や負傷者の状況を確認、原因究明・再発防止のための調査を行いました。調査後、負傷した方々が搬送された病院を訪問。事故当時の様子を聞き取り調査すると共に、お見舞いと激励を行いました。






関連記事

  1. 「新燃岳噴火」「高病原性鳥インフルエンザ」で宮崎・鹿児島両県を現地調査…

  2. 東京都中央卸売市場大田市場を視察

  3. 森林再生へ宮城県大和町を現地視察

  4. 青森県むつ市で視察と懇談会を開催

  5. 断水、停電の宮城・丸森町の被害調査

  6. “県民の足”維持へ支援。青森・新幹線の並行在来線「青い森鉄道」を視察