JR九州特急転覆事故を緊急調査


 7月18日夜、長崎県諌早市高天町で起きたJR九州特急電車の脱線転覆事故(36人が重軽傷)の緊急現場調査を行いました。


 たまたま党の列島縦断フォーラムで長崎市に来ており、フォーラム終了後にホテルで第一報を受け、深夜豪雨をついて現場に急行しました。
 現場では、事故検証作業が続けられる中、落石によって大破した先頭車両の破損状態や負傷者の状況を確認、原因究明・再発防止のための調査を行いました。調査後、負傷した方々が搬送された病院を訪問。事故当時の様子を聞き取り調査すると共に、お見舞いと激励を行いました。






関連記事

  1. 青森市の降雹被害を緊急視察

  2. 岩手の農業を視察

  3. 宮城県塩釜市で水産業の実情調査

  4. スクールバス視察で千葉県君津市の小学校を訪問

  5. シイタケ栽培の農業視察及び国立療養所の訪問を実施

  6. 「事業の遅れ、将来への不安 現場に寄り添い打開へ」宮城県石巻市狐崎浜地…