宮城県北部地震の被災現場を緊急視察












rowSpan=2> 7月27日、小野寺・庄子両県会議員と共に前日発生した「宮城県北部地震」の緊急現地視察を行いました。震源地に近い鳴瀬、矢本、南郷、鹿島台の4町を回り、被災現場の調査と被災者の激励を行い、行政責任者からの要望を聴取しました。


 
鳴瀬町では、町長から「今回の地震災害を局部激甚災害に指定し、早期復旧に尽力してほしい」旨の要望を受けた後、同町長の案内で鳴瀬川にかかる小野橋の破損現場を視察。他の3町についても、道路や崖、倒壊家屋などの被災現場を調査し、被災者の激励も行いました。

 国や県と連携して、被災者への支援とライフラインの確保などの緊急対策と同時に、激甚災害の速やかな指定で公共土木施設の早期復旧を図っていく必要があると痛感しました。(7月27日)





関連記事

  1. 台風15号による落果被害の果樹園を視察

  2. 生産者らと意見交換、アイガモ農法も視察

  3. 北海道新幹線・青函トンネルを視察

  4. 環境放射能除染・廃棄物処理国際展を視察

  5. 青森・岩手県境の国内最大規模の産廃不法投棄現場を視察

  6. 大雨被害の復旧に全力 ~秋田・大仙市にて家屋、農地など実態調査