大雨被害の復旧に全力 ~秋田・大仙市にて家屋、農地など実態調査

20170728_1.jpg

7月28日(金)、私は秋田県内を襲った記録的大雨の影響で、家屋や農業に甚大な被害が出た大仙市に入り、実態を調査しました。田口聡県議、秩父博樹市議、党大仙支部の挽野利恵副支部長が同行しました。

私たちはまず、市役所協和庁舎で老松博行市長と会い、被害状況について意見交換。同市では、雄物川流域の氾濫で、700棟以上の家屋が浸水し、水稲や大豆の農地が1600ヘクタールにわたって冠水しました。老松市長は、「大豆の収穫はかなり厳しい状態にある」と述べ、農業者への支援などを訴えました。

続いて我々は、老松市長の案内で、協和地区を視察。家屋の大半が床上浸水に遭った川原集落では、家具を流され、泥のかき出しやごみの処理に追われる住民をお見舞いしました。また一行は、冠水して土砂が堆積した水田や大豆畑を調査したほか、南外地区の復旧状況も確認しました。

これに先立ち私は、県庁で佐竹敬久知事から激甚災害への早期指定など、復旧課題について緊急要望を受けました。

調査を終え、私は、「秋田県の主力産業である農業への被害が特に甚大だ。県議・市議と連携しながら復旧に全力を挙げるとともに、激甚災害への指定も政府としっかり取り組んでいく」と語りました。



関連記事

  1. 宮城県河北町長面湾の海岸侵食・長面浦のカキ大量死滅を視察

  2. 「独立行政法人 国立病院機構北海道がんセンター」を視察

  3. 山形・尾花沢で農業視察と、国政報告会を開催

  4. 地震災害の復旧現場を視察

  5. 「新燃岳噴火」「高病原性鳥インフルエンザ」で宮崎・鹿児島両県を現地調査…

  6. 台風15号による落果被害の果樹園を視察