宮城県大崎市の豪雨災害視察

_1_20150915154607615.jpg

9月13日(日)、私は、記録的な豪雨被害に見舞われ、今も復旧作業が続く宮城県大崎市の被災現場を視察し、関係者と意見交換しました。公明党の山田和明、横山悦子の両市議が同行しました。

この中で私は、伊藤康志市長と共に同市災害対策本部の会議に出席。また、同市古川西荒井にある多田川周辺などに赴き、被害状況を確認しました。
その後、住宅の浸水被害で35人が避難する古川第五小学校に向かい、避難者や避難所運営にあたっているスタッフを激励しました。



関連記事

  1. 地域活性化推進本部が宮城・栗原を視察

  2. 山形・大雪被害で実情調査

  3. 「新燃岳噴火」「高病原性鳥インフルエンザ」で宮崎・鹿児島両県を現地調査…

  4. 仙台市・泉区 「通学路」の安全点検を行う

  5. 地域間格差―青森、黒石両市を視察―

  6. 台風15号による落果被害の果樹園を視察