JR常磐線 線路や破損橋梁を調査

JR.jpg

6月28日(日)、私は、震災と東京電力福島第1原発事故の影響で一部不通となっているJR常磐線の早期全線開通に向けた課題を探るため、福島県富岡町、大熊町、双葉町、浪江町内の線路や橋梁などを調査に伺いました。石井啓一政務調査会長や、若松謙維・党県震災復興加速化本部議長(参院議員)、真山祐一事務局長(衆院議員)、安部泰男県議が同行しました。

JR常磐線は、竜田(楢葉町)―原ノ町(南相馬市)、相馬(相馬市)―浜吉田(宮城県亘理町)の区間で今も不通が続いている。自民、公明の与党両党による政府への復興加速化に向けた第5次提言では、公明党の強い主張で「出来るだけ早期の全線開通を実現する」と盛り込まれました。

一行は、震災により崩壊した盛り土や、除染・工事を要する線路、破損した橋梁の現場などを訪れ、関係者と意見交換しました。

視察を終え、全線開通を前提に、明らかになった課題を一つ一つ着実に解決できるよう、しっかり取り組んでいく決意をするとともに、JR東日本だけでなく、国も積極的にバックアップしていかなければならないと強く感じました。



関連記事

  1. 岩手・釜石市で台風10号被害の実態調査

  2. 宮城・築館町で「高速土砂流動」が発生した現場を視察

  3. 東京都中央卸売市場大田市場を視察

  4. JAXA(宇宙航空研究開発機構)を視察

  5. 宮城県大崎市の豪雨災害視察

  6. 「秋田港を物流拠点に」船・鉄道連携の新構想を調査