北海道新幹線・青函トンネルを視察

 9月22日、冬柴鉄三幹事長、風間昶参院議員とともに北海道新幹線のコースとなる青函トンネルを視察しました。
 函館駅からJR線に乗り青函トンネル内の吉岡海底駅で下車。新幹線建設を想定して工事作業や保守のために設けられた坑内の横取基地、地上の新函館駅建設予定地(現渡島大野駅)などを視察しました。
 鉄道・運輸機構札幌工事事務所の菊池一成所長らの説明によると、在来線の函館―青森間約150キロのうち、青函トンネルを含む82キロは、3線式軌道化によって新幹線との共用が可能。勾配や曲折も、高速走行(新幹線)に十分耐えうる構造です。
 34人の犠牲者を出すなど多くの困難を克服し、新幹線仕様で青函トンネルを造り上げた先人の先見の明に改めて敬意を表させていただきました。社会資本として、大いに活用すべきであり、北海道新幹線の来年度着工を是非とも実現したいと思います。(9月22日)



関連記事

  1. 農業再生=耕作放棄地を視察

  2. JR常磐線 線路や破損橋梁を調査

  3. 宮城県塩釜市で水産業の実情調査

  4. 岩手県大船渡市・釜石市を視察

  5. クラゲ被害の現地聞き取り調査を行う

  6. 「がれき広域処理を支援」宮城県石巻市を視察