海岸侵食の進む岩沼海岸を緊急視察










 海岸侵食が深刻な岩沼海岸・蒲崎工区の現況を確認するため、10月3日(日)に緊急視察を行いました。合わせて、先月の台風によって護岸堤防が被災した二の倉海岸の実情も見ました。これには、石橋信勝・県議会議員、地元の長田忠広・岩沼市議会議員も同行しました。


 同海岸では約150メートルあった砂浜が、近年の急激な海岸侵食で海岸林まで消失する事態になっています。また、先月4日の台風による高潮や波浪で堤防の一部が破損し、後背地の民家まで危険な状況。盛土や消波ブロックによる一時的な措置がとられていますが、住民の安全や国土の保全を考えると、抜本的な海岸侵食対策が求められています。
 視察後、岩沼市役所を訪れ、同市長から二の倉海岸の災害復旧や海岸侵食対策の早期着工を求める要望を受け、市担当者や住民から被害の状況を聴取しました。


 仙台湾南部海岸の海岸浸食については、岩沼以南の山元海岸の侵食被害を国会質問で取り上げ建設省とも掛け合って、国直轄事業に格上げしてヘッドランド等の海岸整備を行ってきました。
 蒲崎海岸についても整備計画はできており、早急に着工できるよう要請していく所存です。なお、台風被災の二の倉海岸については、11月上旬に査定が行われ、採択される方向です。今後とも、地元の声を県・国に届け、抜本的・速やかな海岸侵食対策が実行されるよう努力していきたいと考えています。



関連記事

  1. 「新燃岳噴火」「高病原性鳥インフルエンザ」で宮崎・鹿児島両県を現地調査…

  2. 「岩手・宮城内陸地震」一関市を緊急視察

  3. 「風評被害払しょくを」宮城・荒浜漁港を視察

  4. 「大雪被害」で山形県朝日・大江両町の現場を視察

  5. 「美しい十和田湖を次代に」青森県・十和田湖で水質調査

  6. 森林再生へ宮城県大和町を現地視察