「事業の遅れ、将来への不安 現場に寄り添い打開へ」宮城県石巻市狐崎浜地区視察

_1_20140201140426707.jpg

3月10日(日)、「東北復興会議」の後、宮城県石巻市の狐崎浜地区に入り、復興の状況を視察するともにかきの生産・販売会社を立ち上げた漁業者と意見交換しました。

宮城県石巻市狐崎浜地区の生産・販売会社代表の古内新一氏は「事業を成功に導くためにも支援をお願いしたい」と訴えました。その後、意見交換をしました。

また、同市役所で笹野健副市長らから「資材、労働力、宿泊施設の不足で復興事業の落札率が低下している」との説明を受け、状況を詳しく伺いました。

これに先立ち「がんばろう! 石巻」の看板前で犠牲者の冥福を祈りました。
視察を終え「震災に負けず、地域で活動する皆さんの力になっていく」と訴えました。



関連記事

  1. 東京・上野で「ものづくり展」を視察

  2. 経営の安定、向上を応援―視察、フォーラムで意見聞く―

  3. 地域活性化へ全力―秋田を視察―

  4. 「新燃岳噴火」「高病原性鳥インフルエンザ」で宮崎・鹿児島両県を現地調査…

  5. 「秋田港を物流拠点に」船・鉄道連携の新構想を調査

  6. 山形市及び鶴岡市を訪問