福島市中央卸売市場を視察

 3月7日(月)午前、生鮮食料品流通の状況について現地調査を行うため、福島県福島市にある「福島市中央卸売市場」を視察しました。これには、甚野源次郎県議会議員(党県代表)をはじめ、公明党福島市議4名も参加しました。


 市場では、青果・水産の「せり」や仲卸業者の取引状況を視察するとともに、生鮮食料品の流通システムなどについて説明を受けました。
 視察後、市場関係者らと意見交換。「中央卸売市場の課題」や「市場取引の活性化対策」、「食の安全確保と安定供給」などについて話し合いました。


 食の安全・安心に対する意識の高まりや消費者ニーズの多様化などを踏まえながら、卸売市場の活性化や食料自給率の向上に取り組んで行きたいと考えています。



関連記事

  1. 大雪被害で秋田・仙北両市を視察

  2. 気仙沼市でチリ地震津波の養殖被害を視察

  3. 地域活性化推進本部が宮城・栗原を視察

  4. 岩手・環境保全型農業の現場を視察

  5. 宮城県気仙沼市・大島を視察

  6. 仙台市の「障害児福祉・教育現場」を視察