「港湾機能、早期回復を」海事振興連盟主催の会合に出席

2011_0723.jpg

 7月23日(土)、仙台市内で超党派の国会議員らで構成する海事振興連盟(衛藤征士郎会長)主催のタウンミーティングに出席し、海事・海洋産業の震災からの復旧・復興支援策などについて関係者らと意見交換をしました。これには、同連盟副会長でもある公明党の漆原良夫衆院議員も参加しました。

 意見交換で私は、「公明党は『海洋立国・日本の構築』を党の重要な政策の柱に掲げている」と述べ、水産、海洋資源、物流など海洋の果たす役割の重要性を指摘。その上で、「日本は海に頼って生きていかなければならない」として、「東北経済復活へ、港湾機能を早急に回復させることが重要だ。必要があれば国が代行して直轄事業でやるぐらいの決意が必要」と強調しました。

 会合では、震災で厳しい状況に置かれている内航海運、旅客船・フェリー、離島航路への支援などを柱とする決議を採択しました。終了後、東北の国際物流拠点・仙台港を訪ね、フェリーターミナルの被災状況などを視察しました。



関連記事

  1. 北上川流域の大雨被害を視察

  2. 「秋田港を物流拠点に」船・鉄道連携の新構想を調査

  3. JR常磐線 線路や破損橋梁を調査

  4. 地域間格差―青森、黒石両市を視察―

  5. 台風15号による落果被害の果樹園を視察

  6. 仙台市泉区の豪雨災害地域を調査