河川が白濁 稲作中止 ~霧島噴火の影響を調査


5月12日(土)、私は霧島連山・硫黄山の噴火後から、水が白濁している長江川(宮崎県えびの市)を調査しました。党宮崎県本部の河野哲也代表、新見昌安の両県議、小宮寧子・えびの市議、鎌田豊数・小林市議が同行しました。

私は、同市の杉元真一副市長から、噴火後の長江川について、環境基準値を超えるヒ素などが検出され、今季の稲作中止を余儀なくされた農家が市内で約650戸に上り、稲作での減収が約3億円になる見通しとの説明を受けました。

杉元副市長は、同川を支流とする川内川も白濁し、えびの市に隣接する鹿児島県伊佐市や湧水町で稲作の中止に踏み切っている現状にも言及し、「川の白濁は噴火してからだが、明確な原因は解明されていない。今年販売されている(昨年収穫の)コメへの風評被害が心配されている。何とか払拭していきたい」と語りました。

私は、川の白濁についての原因解明に意欲を示すとともに、「本来、田植え後に農業被害が起きた場合の補償を、田植え前にも生かして適用できるよう国に訴えていく。また、コメ以外にも、畜産や果樹にも影響が出ないか注視していく」と述べました。

これに先立ち私は、同山・新燃岳の噴火による降灰被害があった同県高原町を訪問。高妻経信町長から、シイタケ農家などへの支援を求められました。

関連記事

  1. 宮城県河北町長面湾の海岸侵食・長面浦のカキ大量死滅を視察

  2. 仙台市泉区の豪雨災害地域を調査

  3. 「新燃岳噴火」「高病原性鳥インフルエンザ」で宮崎・鹿児島両県を現地調査…

  4. 岩手・釜石市で台風10号被害の実態調査

  5. 「がれき広域処理を支援」宮城県石巻市を視察

  6. 「秋田港を物流拠点に」船・鉄道連携の新構想を調査