仙台・盛岡新春街頭演説会


 1月2日(水)、仙台市内(写真上段)及び盛岡駅前(写真下段)で新春街頭演説会を行いました。それぞれの街頭演説会には、石橋信勝県会議員(党宮城県本部代表)、小野寺好県会議員(党岩手県本部代表)のほか地元の県議会議員・市会議員が参加しました。



 街頭演説で私は、「世界的な金融危機が日本の実体経済にも深刻な影響を及ぼしはじめている。内外の需要の減少、生産の縮小、雇用の悪化などの日本経済は厳しい状況になりつつある」と内外の情勢を概説。「公明党は“国民の生活を守る”ことに徹し、補正予算・税制改正・第二次補正予算・2009年本予算の編成を通じて、定額給付金や中小企業緊急保証制度の拡充、雇用対策等の施策の実現のために奔走した」と公明党の取り組みを報告。さらに「こうした危機の時こそ政治がリーダーシップを発揮し、身体を張って国民生活を守らなければならない」と強く訴えました。

 最後に、本年2009年も、「現場第一主義」と「緊密なネットワーク」を十二分に発揮して、生活を守る公明党として、庶民のための政策実現に奔走していく旨の訴え、来るべき衆議院選挙への更なる支援をお願いしました。















関連記事

  1. 58回目の終戦記念日に街頭演説会を開催

  2. 連合の新役員と意見交換

  3. 岩手・宮城・福島で党新春街頭演説会に参加

  4. 党宮城県本部・終戦記念街頭演説会

  5. 「憲法記念日」で街頭演説

  6. 仙台で街頭演説会