地元・仙台で国政報告会を開催

2010_0315_2.jpg

2010_0315_1.jpg

 3月15日(月)夜、仙台市内で本年初めての国政報告会を開催しました。私は、今夏の参院選比例区予定候補・よこやま信一氏を紹介するとともに、国会審議の状況や公明党の取り組みについて講演をしました。

 講演の中で私は、公明党が各党に呼び掛けている「政治とカネ」の問題の再発防止に関する与野党協議機関の設置について、「再発防止のため、早期の実現が必要」と強調しました。また、介護総点検に基づいた「新・介護公明ビジョン」を紹介。介護施設の不足や在宅支援の不十分などで介護が国民的な喫緊課題となっている現状を説明し、公明党の積極的な取り組みを訴えました。

 今夏の参院選に東北・北海道の代表として挑むよこやま信一氏について、「よこやま氏は、水産業のエキスパート。東北の基幹産業である農林水産業の活性化をめざす上で”即戦力”となる人材だ」と紹介、絶大な支援を訴えました。



関連記事

  1. 地元・仙台で国政報告会を開催

  2. 東京で国政報告会を開催

  3. 東京で国政報告会を開催

  4. 仙台市内で国政報告会を開催

  5. 東京で国政報告会を開催

  6. 仙台で国政報告会を開催