東京で国政報告会を開催

20100224.jpg

 2月23日(火)、都内で国政報告会を開催しました。これには公明党の西田まこと参院議員(参院選予定候補=埼玉選挙区)、竹谷とし子女性局次長(同=東京選挙区)が出席し、決意を表明しました。

 挨拶で私は、今夏に行われる参議院選挙について、「今夏の参院選は、わが党の存亡をかけた戦いだ。選挙区3、比例区8の現有改選11議席を断じて死守したい」と訴え、公明党への絶大な支援を訴えました。

 また鳩山政権について、(1)成長戦略がない (2)財政再建の道筋が見えない―― 等を指摘。今後の国会運営について「国民生活、国益を守るという一点で、是々非々で対応する。公明党が頑張ったから今日があると言われる闘いをやってい きたい」と述べました。このほか「介護総点検と公明党新介護ビジョン」「政治とカネの問題」など、公明党が現在取り組んでいる政策課題についても報告しました。



関連記事

  1. 東京で国政報告会を開催

  2. 2005年度予算政府案が決定

  3. 住団連の総会懇親会に出席

  4. 地元・仙台で国政報告会を開催

  5. 2003予算案=仙台・地下鉄東西線事業を新規採択

  6. 臨時国会召集「野田政権に厳しく対峙」両院議員総会を開催