東京で国政報告会を開催


 5月18日(月)夜、太田党代表を迎えて東京国政報告会を開催しました。私は、政府与党の新経済対策の概要や公明党の取り組みを講演。懇談会では、参加者一人ひとりと歓談し、近況や国政や公明党への意見・要望を聞きました。報告会には、公明党から太田昭宏代表(衆議院議員)のほか、7月の都議会議員の予定候補である中島よしお氏(世田谷、写真下段中央)、栗林のり子氏(世田谷、下段右)も出席し、挨拶しました。



 席上、太田代表は「経済危機のトンネルを抜けた時、新しい日本がスタートしているようにしたい」と強調。環境や農業など“グリーン”分野の投資促進、社会保障と教育の充実をもとに、公明党が力強く取り組むことを力説しました。

 私は、今年度(2009年度)補正予算案に盛り込まれた政府・与党の新経済対策の概要を説明。生活者安心策としての「子育て応援特別手当」や雇用対策の「雇用調整助成金の拡充」、低炭素社会推進策として「エコカー普及促進策」と省エネ家電などの「エコポイント策」、地域活性化としての「まちづくり融資の充実策」、中小企業支援の「セーフティネット貸付策」などを紹介しました。補正予算案の早期成立を期し、景気回復に全力を挙げる決意を披瀝するとともに、今夏にある都議選、衆院選の勝利に対する一層のご支援をお願いしました。






関連記事

  1. 通常国会閉幕で両院議員総会を開催

  2. 地元・仙台で国政報告会を開催

  3. 「高額療養費制度」高額医療費の窓口払いが来年4月より改善

  4. 仙台で国政報告会を開催

  5. 東京で国政報告会を開催

  6. 東京で国政報告会を開催