地元仙台で国政報告会を開催


 3月16日(月)夜、仙台市内で国政報告会を開催しました。私は、政府与党の経済対策の内容「税制改正」「第一補正予算」「第二次補正予算」「2009年度予算」を概説した上で、現在検討している新・経済対策への取り組みについても講演しました。講演後、参加者一人ひとりと歓談し、近況や国政や公明党への意見・要望を聞きました。





 はじめに、今回の世界同時不況について、「この影響は日本に大きな津波のように押し寄せてきている。日本経済と国民の生活を守るため、全身全霊を傾けてこの大津波の克服に取り組むことが、政治家の第一の使命だ」と力説。具体的には ①資金供給の確保 ②内需拡大 ③雇用・国民生活のセーフティーネットの構築―の3つを柱に取り組んでいることを報告し、「この3つ課題は、どの政党が政権を取ろうと、誰が首相になろうと取り組まなくていけない」と強く訴えました。










関連記事

  1. 宮城県白石市・国政報告会で一体改革法案と3党合意について見解

  2. 「衆院選改革」各党持ち帰り再協議 与野党幹事長会談

  3. マニフェストの冊子配布を認める公選法改正が成立

  4. 東京で国政報告会を開催

  5. 東京で国政報告会を開催

  6. 仙台で国政報告会を開催