公明党「食料自給率50(ゴーマル)プラン」を農水大臣に提言


 6月19日(木)午後、公明党農林水産部会(部会長:西博義衆院議員)で取りまとめた「食料自給率50(ゴーマル)プラン」を若林正俊農水相に提言し、日本の食料自給率向上と農林水産物の需要拡大などを申し入れました。これには私のほか、西博義(部会長)・大口善徳・石田祝稔の衆院議員、谷合正明(部会長代理)・風間昶・渡辺孝男・加藤修一の各参院議員が出席、同省の沢雄二大臣政務官(公明党)も同席しました。



 提言では、食料安全保障を国家戦略と位置づけて基本方針の策定を示した上で、生産者への生産支援ではなく、需要拡大に比重を置いた内容となっています。具体的には農林水産資源の確保や経営安定対策などによる食料自給率の向上と輸入食料の安定的確保、食料備蓄のあり方の検討、都市農業の振興、農漁業技術の向上に向けた早急な対策を講じることを提言。また学校給食など食育との連携も含めたコメの積極活用と需要喚起に政府として取組んでいくことを促しています。

 このほか、①地産池消の推進 ②麦や大豆、加工用野菜などの生産振興 ③燃油高騰対策も含めた国産水産・畜産物への支援拡充 ④国産農林水産物の輸出促進への支援――などを求めています。



 席上、西部会長は、持参した米粉麺などコメの加工食品を農水相に示し、小麦などの価格高騰が進む中、コメの需要拡大を強力に推進するよう訴え、さらに激動の時代を迎え、農水相の役割が重要になってきていることを示唆し、農水省の積極的な取り組みを求めました。これに対し、若林農水相は、食料問題についての論点を整理してもらったとし、指摘された課題を重く受け止め、しっかりと取組んでいきたいと申しれに応えました。






関連記事

  1. 東京で国政報告会を開催

  2. 地元・仙台で近隣企業交流会「榴岡の会」を開催

  3. 仙台で国政報告会を開催

  4. 地元・仙台で近隣企業交流会「榴岡の会」を開催

  5. 仙台・公明党国政報告会

  6. 東京で国政報告会を開催