2003予算案=仙台・地下鉄東西線事業を新規採択


 12月24日決まった2003年度政府予算案で、仙台市の地下鉄東西線建設事業が新規採択され、また仙台空港アクセス鉄道の整備費も優先的に配分される見通しとなりました。


 仙台市の最大の課題であった仙台市地下鉄東西線(若林区荒井―太白区八木山、延長14.4キロ)の整備事業が国の補助事業として新規採択されました。開業時期は、2015年度と明示され、総事業費は2735億円(うち国費・689億円)。2003年度の事業費については今後配分が決まりますが、市は来年春にも国土交通省に事業許可を申請する予定で、できるだけ早い時期の着工を目指しています。



 地下鉄東西線問題については、予定沿線の住民の皆さんと意見交換を行なったり、仙台市の要請を受けて幾度となく国土交通省や財務省と連携を図るなど、私自身も主体的に関わってだけに、感慨ひとしおです。






関連記事

  1. 東京で国政報告会を開催

  2. 「児童手当」小学校6年生まで拡大

  3. 仙台市内で国政報告会を開催

  4. 地元・仙台で国政報告会を開催

  5. 東京で国政報告会を開催

  6. 東京都内で国政報告会を開催