東京で今年初めての国政報告会を開催


 2月13日(月)夜、都内ホテルで本年初めての国政報告会を開催し、政局の動向や今国会の重要課題、公明党の取り組みなどを講演しました。



 国政報告講演では、先ず2月6日に行った予算委員会質問について報告。「人口減社会=少子社会に対する公明党のビジョンと取り組み」「我が国の戦略的がん対策の構築」「BSE問題及び日本農業の再興」「豪雪被害対策」など、日本が直面している生活者的課題について論陣を張ったことを紹介し、公明党の考えを述べました。

 また今国会の焦点課題である「防衛庁の省昇格問題」や「今後の行財政改革の方向性」などにも言及。政局では、小泉政権の現況やポスト小泉の動向などについても私の考えや見通しを話しました。



 講演後の懇親会では、参加者の一人ひとりと懇談。国政・公明党に対する意見や要望を聞くと共に、それぞれ社会・業界の第一線で奮闘している方々と意見を交換しました。






関連記事

  1. 臨時国会召集「野田政権に厳しく対峙」両院議員総会を開催

  2. 東京で国政報告会を開催

  3. 東京で国政報告会を開催

  4. 公明党「食料自給率50(ゴーマル)プラン」を農水大臣に提言

  5. 06年度予算 財務省原案 少子化、安全対策に重点

  6. 道路特定財源に関する集中審議―衆院予算委員会―