地元・仙台で近隣企業交流会「榴岡の会」を開催

4月18日(金)夜、地元事務所の近隣企業との交流会「榴岡(つつじがおか)の会」を開催しました。

会では、現在の国政状況や私の取り組みなどを報告し、参加された方々と懇談・意見交換を行いました。
また冒頭、仙台市藤本章副市長から①仙台市の復興の取り組みについて、②地下鉄東西線等の仙台駅東口周辺開発の進捗について、③仙台市で開催される国連防災世界会議等についてご説明いただきました。

交流会で私は、交流会で私は、政局の状況や今国会における公明党と私の取り組みを述べるとともに、東日本大震災から3年が経過し、健康と心のケアの問題が出てきている被災地の現状を踏まえ「一日も早く当たり前の日常生活が送れるように、さらに復興を加速しなければならない」と述べました。
また、4月1日より引き上げとなった消費税率については、全額、社会保障の安定と充実のために使われることを改めて説明しました。

あいさつの後、参加された皆様お一人お一人と懇談し、現在の状況や課題解決に向けての意見交換を行いました。



関連記事

  1. 仙台で国政報告会を開催

  2. 「臨時国会、30日まで延長」与野党幹事長会談

  3. 近隣企業交流会「榴岡の会」を開催

  4. 補正予算が成立

  5. 仙台市内で国政報告会を開催

  6. 仙台で国政報告会を開催