仙台で国政報告会を開催

12月8日(水)、地元仙台で忘年会を兼ねた国政報告会を開催しました。これには約200名の後援会の方々に参加いただき、今年一年を締めくくる有意義な報告会になりました。


冒頭挨拶に立った私は、まず今年7月の参議院選挙をはじめ私の活動を支えていただいた後援会の皆様に御礼を述べるとともに、9月27日に北側前政調会長(現・国土交通大臣)の後を受け、党の政策全般の責任者である政務調査会長に就いたことを報告。三位一体改革やイラクへの自衛隊派遣問題、定率減税問題、郵政民営化、地元課題などに、「公明党らしく庶民の目線に立った政策実現を目指しフル回転の日々を送っている」と近況を報告しました。


国政報告後の懇談会では、お一人おひとりから政治の現状に対する意見・注文が出されました。皆様のご期待に応えられよう一層努力を重ねていく決意です。

関連記事

  1. 地元・仙台で国政報告会を開催

  2. 仙台で国政報告会を開催

  3. 2004年度予算が成立

  4. 「衆院選改革 第三者機関の設置」与野党幹事長・議長に報告

  5. 2003年度予算案が衆議院を通過、年度内成立にメド

  6. 仙台市内で国政報告会を開催