臨時国会召集「野田政権に厳しく対峙」両院議員総会を開催

2011_0913.jpg

国民は政治の前進期待
復興加速し除染に全力


 9月13日(火)、第178臨時国会が召集されました。会期は、野党側が衆参両院で予算委員会を開催するために十分な期間を求めたものの、与党側が応じず、同日昼の衆院本会議で与党側の賛成多数で16日までの4日間と議決しました。公明党は同日午前、国会内で両院議員総会を開き、山口那津男代表は、国会論戦に消極的な野田政権の姿勢を厳しく追及。その一方で、東日本大震災の復旧・復興が加速するよう、政府・与党に対して「早く協議ができる環境をつくるべきだ」と主張しました。白浜一良参院会長、漆原良夫国会対策委員長、石井啓一政務調査会長が挨拶をしました。

井上挨拶要旨

 山口代表は冒頭、11、12日に和歌山、三重両県の台風12号災害を視察したことに触れ、「(公明党議員の)献身的で積極的な姿に胸を打たれる思いだった」と強調。さらに、被害が大きかった紀伊半島では、高速道路の未整備区間を結ぶことが、「今後の降雨災害や地震・津波に対応する上で、重要な機能を果たす」との認識を表明しました。

 東日本大震災の際に、公明党の推進で震災6日前に一部開通していた三陸縦貫自動車道が、人や物資を運ぶ「命の道路」として重要な役割を果たしたことに触れ、「こういった実態に合った政策遂行に公明党のネットワークの力を生かし、市町村、都道府県の議員と連携を密にして、今後の(災害などへの)備えをしっかり行っていきたい」と力説しました。

 また、今国会の会期を与党側が多数決で決めたことには、「話し合いで政治を進めることが国民の期待だ。冒頭から合意をつくることができず、見切り発車では今後の国会運営が危ぶまれる」と与党に猛省を促しました。その上で「予算委を開いて堂々と議論をすべきだ」とあらためて主張し、与党側が閉会中審査で予算委を開く意向を示していることを踏まえ、「その日程を与党側から提示すべきだ」と指摘しました。

 その一方で、「国民の期待は政治を前に進めてくれ、国会も行政府も力を合わせて、国民のために仕事をやれということだ」と強調。公明党は野党であっても、政府・与党に対して、復旧・復興に関する協議も提案も行ってきたことを力説し、「野党として国民のために、被災者のために徳を積むという姿勢でこの国会に臨んでいく」と述べました。

 
 私は、迅速な復旧・復興に向け、3党協議に関して「3次補正について既に(政府に)提案し、協議にやぶさかではない。政府・与党として早く協議できる環境をつくることが最重要だ」と指摘。

 政府の震災対応の遅れに対して「被災者に心の空洞が生まれてくることを心配している。(政府は)早く3次補正を国会に出すべきだ」とし、生活再建の方針を早く示し、除染を国が全面的に責任を持って行うよう促しました。

 原発事故をめぐる不適切な発言で鉢呂吉雄前経産相が引責辞任したことに対しては「言語道断の発言」と批判。後任に枝野幸男前官房長官を起用したことについても「なぜ菅内閣が退陣し野田内閣が誕生したのかという深刻な反省があって新しい体制がスタートしたようには思えない」と疑念を呈しました。

 白浜参院会長は、野田政権について「国民の視線を避けてまともな政権運営はできない」と指摘。今国会の論戦へ「被災者、国民生活を守るため総力を挙げて闘う」と述べました。

 漆原国対委員長は、会期を4日間とした民主党の国会運営に対し「誠意がなく、異例な状況だ」と糾弾。石井政調会長は「3次補正、(復興)特区法案を一日も早く国会に提出するよう引き続き求めていく」と述べました。



関連記事

  1. 通常国会閉幕で両院議員総会を開催

  2. 第164回通常国会で数多くの成果

  3. 2004年度予算が成立

  4. 東京で国政報告会を開催

  5. 仙台で国政報告会を開催

  6. 仙台で国政報告会を開催