仙台で国政報告会を開催










 3月14日(日)、地元仙台で東北後援会主催の国政報告会を開催しました。


 冒頭挨拶に立った私は、今国会での政策課題や私自身の取り組みを報告した上で、今後の政局の動向や少子化対策を含む社会保障制度改革の必要性ついて講演をしました。
 社会保障制度改革では、「年金・介護・医療など持続可能な社会保障制度の構築が最優先課題」と強調。急速に進む少子高齢化社会に、「社会保障全般における財源の在り方など抜本的な議論が必要」とした上で、「昨年の年金に続き、今年は介護が重要な論点」との考えを述べました。公明党は、先頭に立ち安心の社会保障制度の構築に全力で取り組んでいきたいとの決意を述べました。



 国政報告後の懇談会では、多くの方々から政治のあり方や地方の活性化等々について意見や要望が出されました。皆様のご期待に応えられよう一層努力を重ねていくことを改めて決意しました。



関連記事

  1. 地元・仙台で国政報告会を開催

  2. 仙台で国政報告会を開催

  3. 仙台市内で国政報告会を開催

  4. 2003年度予算案が衆議院を通過、年度内成立にメド

  5. 地元・仙台で近隣企業交流会「榴岡の会」を開催

  6. 東京で国政報告会を開催