東京で国政報告会を開催


6月13日(木)、東京都内で国政報告会を開催しました。私は、現在の国会においての課題や政局等について30分ほど国政報告を行い、またこの夏の参議院議員選挙について支援を呼びかけました。私の国政報告の後、参加いただいた後援会の方々、各界の代表の方々と懇談・意見交換も行い、有意義な報告会とすることが出来ました。

私は、初めに本年4月に行われた統一地方選において、前半の道府県議選で167人が全員当選。政令市議選では173人のうち171人が激戦を勝ち抜きましたが、大阪市東成区で4票差、京都市下京区で6票差で現職が惜敗しました。続く後半戦では、286市議選に901人、20区議選に150人、142町村議選に171人の計1222人を擁立し、全員当選を果たしたことを報告、懸命な支援に感謝申し上げました。

また、本年秋に予定されている消費税引き上げについては、社会保障の安定と充実を図るためにも必要であると述べました。その上で生活必需品等については軽減税率の導入し、”痛税感”を軽減し国民の理解を得るとともに、今後の社会保障制度維持のためにも必須であり、この段階で制度設計を行い、着実に実施することが重要であると講演しました。

この他、現在の政局についてや、本年7月には参議院議員選挙、夏以降は被災3県の「東北復興選挙」など選挙が続く為、なお一層の理解と支援を呼びかけました。

国政報告の後、ご参加の方々と懇談、近況をお聞きするとともに国・党への要望・意見もお聞きしました。

関連記事

  1. 仙台市内で国政報告会を開催

  2. 東京で国政報告会を開催

  3. 地元・仙台で近隣企業交流会「榴岡の会」を開催

  4. 2006年度予算概算要求基準が決定

  5. 仙台で国政報告会を開催

  6. 地元・仙台で近隣企業交流会「榴岡の会」を開催