地元・仙台で近隣企業交流会「榴岡の会」を開催


7月19日(金)夜、地元事務所の近隣企業との交流会「榴岡(つつじがおか)の会」を開催しました。現在の国政状況や私の取り組みなどを報告し、参加された方々と懇談・意見交換を行いました。多くの方に参加いただき、有意義な会とすることが出来ました。

交流会で私は、7月4日に告示された参議院議員選挙について触れ、会の途中で駆け付けた若松候補に対し、絶大なる支援と勝利を呼びかけました。また8月以降、地元の仙台市議選や宮城県議選挙などの「東北復興選挙」が続く為、引き続きの支援を呼びかけました。

また、第二次安倍内閣が発足して、6年余りが経ち、今回の参議院議員選挙は政治の安定が大きなテーマの一つであると述べました。少子高齢化や外交・安全保障環境、世界の国々の政治情勢などの中で、日本の国益を守るためには安定した政治の上で、政権を運営していくことが重要であると述べました。

その他、現在の政局について述べるとともに、地元・地域の具体的な課題について話しました。

あいさつの後、参加された皆様お一人お一人と懇談し、現在の状況や課題解決に向けての意見交換を行いました。

関連記事

  1. 東京で国政報告会を開催

  2. 東京で国政報告会を開催

  3. 仙台で国政報告会を開催

  4. 地元・仙台で近隣企業交流会「榴岡の会」を開催

  5. 地元・仙台で国政報告会を開催

  6. 近隣の皆様と励ましの意味を込めて「榴岡の会」を開催