北の核放棄導く対話に ~国会内で記者会見



3月9日(金)午前、私は国会内で記者会見し、トランプ米大統領が北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長と会談する意向を表明したことについて、「対話が北朝鮮の核放棄に通じるものであれば、歓迎すべきことだ」と述べました。

私は、安倍晋三首相が4月初旬に訪米し、トランプ大統領と会談する見通しに触れ、「日米、さらに韓国が緊密に連携していくことが重要だ」と指摘。対話が北朝鮮の非核化につながらなかった過去の反省を踏まえ、日米韓が「北朝鮮の非核化に向けた方向性を確認することが大事だ」と力説しました。

一方、あす11日(日)で発災から7年を迎える東日本大震災の復興に関しては、「震災は7年前の過去の出来事でなく、現在進行形の災害だ。公明党は全議員が『復興担当』として復興加速への決意を新たにしたい」と語りました。



関連記事

  1. 記者会見で「東日本大震災、福島原発事故」等の喫緊課題について見解

  2. 記者会見で「東日本大震災・被災地支援と復興」について見解

  3. 「二重ローン救済急げ」記者会見で東日本大震災等の喫緊課題について言及

  4. 「肉用牛汚染問題 全頭検査を」記者会見で喫緊課題について見解

  5. 「原発事故 検証は独立機関で」記者会見で喫緊課題について見解

  6. 「税制、特区の骨格示せ」記者会見で喫緊課題について見解