食料、燃料不足 対応急げ ~国会内で記者会見

20180209_1.jpg

2月9日(金)午前、私は国会内で記者会見し、北陸地方の記録的な大雪による被害について、犠牲者に哀悼の意を表するとともに、「現地で食料品やガソリン・灯油などの不足が目立っている。国と県、市が連携し支援してもらいたい」と強調しました。

私は、福井県内の国道8号で大規模な車の立ち往生が発生した要因について、「通常は監視カメラで観測し、立ち往生が発生すれば、直ちに道路を閉鎖するが、今回は雪の降り方が激しく対応が後手に回った」と指摘。今回の対応を検証し、今後、こうした立ち往生をなくすための対策を講じなくてはならないと力説しました。

また、地方自治体が負担する除排雪費用が多額になることを踏まえ、「特別交付税など国の支援が必要だ。党としても、しっかり支えていく」と表明しました。

9日に開幕した韓国・平昌冬季五輪については、「平和の祭典」として成功への期待を寄せた上で、安倍晋三首相の開会式出席へ「与党として環境をつくってきた結果、出席することになり良かった。日韓協力の大きなきっかけにしてほしい」と述べました。北朝鮮の平昌五輪参加に関しては、歓迎する一方、「平昌五輪が北朝鮮の政治的な立場をアピールする場にならないよう配慮が必要だ」と語りました。

同日行われた日韓首脳会談については、日韓両国が結束を強化し、東アジアの安定と平和へ、北朝鮮の核放棄を促す弾みになることに期待感を示しました。



関連記事

  1. 「二重ローン救済急げ」記者会見で東日本大震災等の喫緊課題について言及

  2. 廃棄食品転売防げ ~国会内で記者会見

  3. 生活再建 総力挙げる ~国会内で記者会見

  4. 記者会見で喫緊課題について見解

  5. 「家畜伝染病・口蹄疫」等について会見

  6. 記者会見で喫緊課題について見解