「森友」問題 金額違う契約の解明必要 ~国会内で記者会見

20170324_1.jpg

3月24日(金)午前、私は国会内で記者会見し、23日に行われた学校法人「森友学園」(大阪市)の理事長退任を表明している籠池泰典氏に対する証人喚問について、「国有地の払い下げで政治家の関与があったのか。証言を聞いている限り明確なものは全くなかった。これ以上、国会で何かを解明する必要があるのか」との認識を示しました。



私は、同学園の小学校設置認可申請の過程でも、政治家の関与は明らかにならなかったと指摘。認可の是非を判断する「大阪府や府議会で真相を解明することも一つの考え方だ」と述べました。

同じ日付で金額が異なる小学校の工事請負契約書が3通あり、行政に虚偽報告をしていたとの疑いについては、籠池氏が「刑事訴追を受ける恐れがある」と証言を拒否したものの、「真相を明確にする必要がある」との考えを示しました。

国有地の払い下げを巡り、野党が安倍晋三首相夫人の証人喚問を求めていることに対しては、「夫人側が当時のメールやファクスを明らかにし、関与がなかったと明言している。国会に証人として来てもらう必要はない」と語りました。

一方、宮城、千葉両県で毒性の強い高病原性鳥インフルエンザウイルスが確認された問題については、「(感染した鶏の)卵などが出回ることはなく、卵や肉を食べても感染した事例は全くない」と強調し、消費者に冷静な対応を呼び掛けました。



関連記事

  1. 「本格復興予算を早く」記者会見で喫緊課題について見解

  2. 公明こそ政党本来の姿 ~国会内で記者会見

  3. 記者会見で喫緊課題について見解

  4. 記者会見で喫緊課題について言及

  5. 記者会見で喫緊課題について見解

  6. 国政の停滞回避に全力 ~国会内で記者会見