ストーカー規制 SNS対象に ~国会内で記者会見

20160527_1.jpg

5月27日(金)午前、私は国会内で記者会見し、東京・小金井市で発生した女子大学生の刺傷事件を踏まえ、一日も早いストーカー規制法の改正をめざす考えを示しました。



私は、今回の事件の発端となったツイッターなどのSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)が同規制法の対象になっていないことから「法的な規制が必要だ」と指摘しました。

これについて公明党は、SNS上での執拗な嫌がらせに対する規制などが柱の改正案を2014年に取りまとめています。

また、被害者から110番通報を受けた警視庁の担当者が携帯電話の位置情報を確認せず、警察官を事件現場ではなく被害者宅に向かわせていたことについては「対応を十分検証してほしい」と強く求めました。

公明党は同日午後、衆院第2議員会館でストーカー規制法等改正検討プロジェクトチームの会合を開き、座長の大口善徳国会対策委員長が、次国会での共同提案を視野に自民党と実務者協議を始めたいと述べました。



関連記事

  1. 「理解得られぬ増税法案」記者会見で喫緊課題について言及

  2. 被災者に寄り添い続ける ~国会内で記者会見

  3. 「2次補正編成を早く」記者会見で喫緊課題について言及

  4. 経済政策着実に進める ~国会内で記者会見

  5. 記者会見で喫緊課題について見解

  6. 記者会見で「東日本大震災、福島原発事故」等について見解