補正と合わせ早期執行 ~国会内で記者会見

20160301_1.jpg

3月1日(火)夜、私は国会内で記者団に対し、2016年度予算案が衆院を通過したことを受け、大要、次のような見解を述べました。

一、16年度予算案が衆院を通過し、年度内成立が確実になった。16年度予算案は、自公政権が進める「希望出生率1.8」や「介護離職ゼロ」の実現に重点的に予算を配分している。経済再生に向け、成長戦略に資する予算だ。補正予算と合わせて早期に執行することが大事だ。

一、(新たな経済対策の必要性について)必要があれば、当然、機動的に考えられるが、今は16年度予算案をできるだけ早期に成立させ、着実に執行することが大事だ。



関連記事

  1. 「政規法、公明案の成立を」記者会見で喫緊課題について言及

  2. 記者会見で内外の緊喫課題について言及

  3. 特例公債は「政策修正」で判断 3党会談

  4. IR法案に関し、国会内で記者会見

  5. 「理解得られぬ増税法案」記者会見で喫緊課題について言及

  6. 記者会見で「米軍普天間飛行場移設問題」等について見解