記者会見で喫緊課題について見解

_1_2015050813405931e.jpg

4月24日(金)午前、国会内で記者会見し、小型無人機「ドローン」が首相官邸の屋上に落下した事件について、「官邸は危機管理の司令塔であり、(政府は)今回の事態を深刻に受け止めるべきだ」と強調しました。その上で、当面の対応策を講じるとともに、重要施設上空の飛行を制限するなどの法規制についても「早急に検討し、今国会中に結論を出すべき」との考えを示しました。

この中で私は、今回の事件について、「たまたま(職員が)屋上に行って発見されたということでは、やはり危機管理として問題があるのではないか」と懸念を表明。ドローン自体は、災害救助や農業などの分野で活用が期待されており、世界各国や日本で販売台数が急拡大している実態を踏まえ、「早急に法規制も含めたルールをつくり、悪用防止のための技術開発などに向けた方向性を打ち出すべきだ」と説明しました。



関連記事

  1. 記者会見で喫緊課題について見解

  2. 廃炉計画の策定急げ ~国会内で記者会見

  3. 認知症高齢者 社会で支える仕組み必要 ~国会内で記者会見

  4. 経済政策着実に進める ~国会内で記者会見

  5. 東北に訪日客呼び込め ~国会内で記者会見

  6. 「仮設住宅建設」「民間賃貸借り上げ」等の緊喫課題について記者会見