記者会見で喫緊課題について見解

国民的合意へ役割果たす
安保法制与党協議 結論決めず真摯に議論


5月23日(金)午前、国会内で記者会見し、「安全保障法制整備に関する与党協議会」で来週から本格的な議論が始まることに関して、「安全保障法制をめぐっては、国論を二分するようなことがままあるが、国民の命や暮らしをどう守るかということだから、できるだけ幅広い国民的な合意をつくり出していくことが重要だ。公明党として、そういう役割を果たしたい」と説明しました。

さらに、与党協議会の議論の進め方について、「われわれとしては、初めに結論ありき、出口ありきということではなく、一つ一つの課題を真摯に議論する」との考えを表明。

私は、与党協議や国会論戦などを通じて「安全保障法制に関する国民の理解を深め、国民的な合意をつくる役割が公明党にあるのではないか」と強調しました。





関連記事

  1. 帰還後の生活に希望を ~国会内で記者会見

  2. 「税制、特区の骨格示せ」記者会見で喫緊課題について見解

  3. 定例記者会見で「過剰米の緊急買い入れ」等について見解

  4. 「首相は指導力発揮せよ」記者会見で喫緊課題について見解

  5. 記者会見で「NZ地震支援」「予算関連法案」等の課題について言及

  6. 認知症高齢者 社会で支える仕組み必要 ~国会内で記者会見