義援金で被災地支援を ~国会内で記者会見


7月13日(金)午前、私は国会内で記者会見し、記録的な豪雨で甚大な被害を受けた西日本の被災地支援に向け、党として義援金口座を開設したと報告するとともに、「全国で義援金のための募金活動も積極的に応援していきたい」と強調しました。

私は、豪雨被災地の復旧・復興に向けた財源について、当面は今年度予算の予備費で対応すべきだと指摘。その上で「本格的な復旧・復興には大きな予算が必要だ。被害の全体像と必要な予算が明らかになれば、補正予算の議論になる」と語りました。

2020年東京五輪の聖火リレー出発地が福島県に決まったことについて私は、「『復興五輪』にふさわしい決定だ。東日本大震災による風評と闘う被災者の姿を知ってもらうチャンスであり、震災の風化と闘うことにもつながる」と力説しました。

20年度末で設置期限を迎える復興庁の後継組織については、「東日本大震災の経験を踏まえて、日ごろから災害に対応できる司令塔組織をつくる必要がある」と指摘。今月中にも政府に申し入れる、震災復興に向けた与党第7次提言で検討を求める考えを示しました。

関連記事

  1. 記者会見で喫緊課題について見解

  2. 記者会見で喫緊課題について見解

  3. 記者会見で喫緊課題について見解

  4. 記者会見で「米軍普天間飛行場移設問題」等について見解

  5. 福島 日本酒金賞6年連続最多 風評払拭の力に ~国会内で記者会見

  6. 記者会見で喫緊課題について見解