東京五輪見据え今国会で ~国会内で記者会見


6月8日(金)午前、私は国会内で記者会見し、同日に衆院で審議入りした受動喫煙を防ぐための健康増進法改正案について、2020年東京五輪・パラリンピックなどを見据え、「国際社会で通用する仕組みを整えることが大事だ。事業者などの準備を考えてもギリギリのタイミングであり、今国会で成立を期したい」と強調しました。



私は、同改正案について、「受動喫煙をなくし、誰もが受動喫煙の加害者にも被害者にもならないようにすることが改正案の一番の趣旨だ」と力説。受動喫煙が原因で亡くなる人が年間で約1万5000人(推計)にも上ることから、「がん対策の観点からも健康被害を食い止めるために理解が得られる法案だと確信している」との考えを示しました。

一部で国の法案より厳格な規制を導入する東京都独自の条例案に対しては、「都議会の議論を待たないといけないが、東京五輪・パラリンピックと、その前年のラグビーワールドカップを前に、国際社会で通用する仕組みへ、さらに踏み込んだ条例を制定しようとする都の考え方は十分に理解できる」と述べました。

関連記事

  1. 記者会見で喫緊課題について言及

  2. 人間の復興成し遂げる ~国会内で記者会見

  3. 定例記者会見で喫緊課題について言及

  4. 記者会見で「高速道路新料金」等について見解

  5. 記者会見で総合経済対策に関する緊急提言を発表

  6. 記者会見で喫緊課題について見解