衆院議長へ「国会正常化」を申し入れ

 2月24日(水)、漆原良夫国会対策委員長と共に横路孝弘衆院議長と議長公邸で会い、与党側が「政治とカネ」などに関する野党の要求に応じず国会運営を強行し、自民党が国会審議を欠席している現状に対し「事態打開のため議長として指導力を発揮してもらいたい」と求めました。

 席上、私は「野党第1党(の自民党)が審議に参加しないまま、予算審議が強行されているのは遺憾で、院の権威にもかかわる。このまま予算審議が終わるようでは将来に大きな禍根を残す」と懸念を表明。
 横路議長は、国会の現状について「非常に心配だ。与党が事態打開に積極的に動くべきだし、(山岡賢次民主党)国対委員長に働き掛けたい」と述べ、与野党国対委員長会談の開催を民主党に促す考えを示しました。



関連記事

  1. 各種団体からの予算・税制ヒアリング 始まる

  2. 「軽油引取税・免税措置の恒久化を」青森県漁連から要望

  3. マンション管理士会連合会から要望受ける

  4. 社会保険・厚生年金病院の存続に関する要望

  5. 自工会など4団体から「車体課税の見直し」に関する要望

  6. 岩手・宮城内陸地震対策で総理に緊急申し入れ