5県知事会から要望を受ける


 1月21日(水)午後、山口那津男党政調会長とともに「5県知事会」の村井嘉浩宮城県知事と公明党本部で会い、「実効性のある雇用・経済対策の一刻も早い実行を求める緊急要請」を受けました。(「5県知事会」は宮城、山形、鳥取、徳島、佐賀の各県若手知事で構成される会)



 席上、村井県知事は「2008年度第2次補正予算案と2009年度予算政府案の早期成立に向け、良識ある国会審議を求める考え」を述べた上で、①学校の耐震化支援 ②高速道路整備 ③緊急雇用創出事業などの実施を強く要望しました。

 これに対し山口政調会長と私は、総務省が今月20日に定額給付金の要綱案を示したことで定額給付金の実現が近づいてきたことを報告。また予算案の成立と実行については、党を挙げて取り組む考えであることを回答しました。






関連記事

  1. NZ地震「安否確認・被災者家族へ万全な支援を」

  2. 「農産物に軽減税率必要」消費増税でJA全中から要請

  3. 各団体から平成22年度の税制改正で要望受ける

  4. 「骨太方針」策定で竹中経財相に申し入れ

  5. 日本労働組合総連合会と意見交換 ―公明党 新・経済対策検討本部―

  6. サービス・流通連合から政策要請受ける