全国社会保険労務士政治連盟より要望受ける


 3月13日(木)、太田昭宏代表とともに、衆院第1議員会館で全国社会保険労務士政治連盟の堀谷義明会長と会い、社労士の業務充実に関する要望を受けました。これには福島豊衆議院議員、渡辺孝男参議院議員も同席しました。

 

 堀谷会長からは、舛添要一厚生労働相からの要請を受け、本年4月から全国社会保険労務士連合会が年金特別便に関する相談業務を行うことについて、「事業の実効性の向上のためにも、予算的にも十分な配慮をお願いしたい」との要望がありました。また(1)仮称「街角の社会保険支援センター」の実現への支援(2)特定社会保険労務士の拡大――などの要望も出されました。

 これらの要望に対し、年金業務への尽力に感謝した上で、要望のあった事項については党内で真摯に議論していくことを回答しました。






関連記事

  1. 「仮払いは国の責任で」福島県知事から緊急要望

  2. 全漁連等から緊急要望

  3. NZ地震「安否確認・被災者家族へ万全な支援を」

  4. 「漁業・漁村の活性化を」青森県漁連から要望

  5. 全国知事会から「地域主権関連3法案の早期成立」等に関する要望

  6. 都市農業振興に関する申し入れ