原発の耐震万全に―福島県知事から要望受ける―


 9月11日、衆議院第1議員会館で福島県の佐藤雄平県知事をはじめとする同県地方6団体の関係者から、原子力発電所の安全確保などについて要望受けました。



 席上、佐藤知事らから、「県民の安全・安心の確保を最優先に、原発の耐震安全性に万全を期してほしい」と述べ、①耐震安全性の再評価を行う公平・中立な第三者委員会の設置及び福島第1、第2原発の再評価②県民へのいっそうの情報公開と自衛消防体制の充実、強化などの要望を受けました。

 これに対し、私は、立地地域や自治体の要望を踏まえ、「耐震基準の見直しなど抜本的に検討していきたい」と述べました。






関連記事

  1. 村井宮城県知事から要望

  2. 電機連合と政策協議・要望

  3. 根本復興相に子ども・被災者支援法の基本方針策定に関する申し入れ

  4. 「女まぐろの会」、青森県漁協と共に国交省・水産庁に要望

  5. 東北市長会から「道路特定財源」の要請受ける

  6. 全国の新幹線、早期整備を要請 ~期成同盟会からの要望対応