被災地の復興支えよ ~国交相に申し入れ

20171208_1.jpg

12月8日(金)、私が本部長を務める、公明党の東日本大震災復興加速化本部と国土交通部会(部会長=赤羽一嘉衆院議員)は、国交省で石井啓一国交相(公明党)と会い、東日本大震災で被災した地域の公共土木工事費を割り増す復興係数の継続に関する申し入れを行いました。

申し入れは、岩手、宮城、福島の被災3県の公共土木工事の請負費について、資材運搬や安全訓練などにかかる間接工事費を割り増しする復興係数を来年度も継続するよう求めています。

席上私は、復旧・復興の加速に向け、「人手不足や資材の高騰に苦しむ被災地の土木・建設関連事業者への支援が必要」と主張。今年度で終了する公共土木工事費の割り増し係数に関して、「来年度以降も継続させ、被災地の復興事業をしっかり支えていくことが重要」と訴えました。

石井国交相は、復旧・復興事業の円滑な実施に向けて切れ目のない支援が重要と述べた上で、復興係数の継続について「地元の声を聞きながら、(来年度以降の継続を)前向きに検討していきたい」と答えました。



関連記事

  1. 全漁連・全日本不動産協会・全振連と要請懇談

  2. 「新幹線の早期整備を」整備新幹線関係期成同盟会から要望

  3. 全国農業会議所から復興、TPPで要請

  4. JR北海道労組から要請

  5. 「宅地被害 支援拡充せよ」平野復興相に要望

  6. 「被災農地 国が買い上げを」JA全中から第2次要請