17年補正 編成早く ~山梨県知事が要望

7月7日(金)、私は衆議院第2議員会館で山梨県の後藤斎知事から2017年度補正予算の早期編成を求める要望を受けました。石田祝稔政務調査会長が同席しました。

席上、後藤知事は補正予算の早期編成で、地域の経済活動や生活を支えるインフラ整備、農林業の基盤整備、防災・減災対策などを進めていく必要性を強調。また、道路整備の国庫負担補助率のかさ上げ措置が17年度末で切れることから、期限の延長も要請しました。

私は「しっかり受け止めていきたい」と応じました。



関連記事

  1. 生活再建支援金で全国知事会から要望

  2. 「脳脊髄液減少症」治療推進早急に

  3. 仙台・仙石線「JR苦竹駅」エレベーター設置の陳情

  4. 日商の緊急提言を受ける

  5. 日本経済団体連合会と要望・意見交換 ―公明党 新・経済対策検討本部―

  6. 「予算関連で地方に配慮」市長会、町村会から要望