水産業の競争力強化へ ~全漁連から要請受ける

20160504_1.jpg

8月4日(木)、私と山口那津男代表は、衆院第2議員会館で全国漁業協同組合連合会(JF全漁連)の岸宏代表理事会長らから、水産業の競争力強化に向けた事業の予算確保について要請を受けました。これには私が会長を務める、党水産資源の持続的利用を考える議員懇話会の議員も同席しました。

岸会長らは、多くの漁業者が将来を見据えた水産業の構造改革に取り組むことで、水揚げ高が上昇し若手漁業者の参入も増加していることに触れ、「今、漁業が成長産業化に向けての潮目を迎えている」と強調。その上で、リース方式による漁船導入や生産力向上につながる機器整備を支援する施策などの充実を求め、「構造改革を加速するためにも、必要な予算措置をお願いしたい」と訴えました。

山口代表は、さらなる水産業の活性化に向けて「党としても結束して取り組んでいく」と応じました。



関連記事

  1. 米軍基地抱える都道県知事と要望懇談

  2. 西川福井県知事から「北陸新幹線の早期完成・開業に関する要望」

  3. アスベスト対策で細田官房長官に要望書

  4. 宮城県北部地震で鴻池担当相に要望を申し入れ

  5. 風力発電団体から電力買い取りについて要望

  6. 「燃油価格の安定化」で塩釜市水産振興会から要請