連合から政策課題について要望


 12月2日(金)、日本労働組合総連合会の古賀伸明事務局長らから、当面の政策課題などについて要請を受け、意見交換をしました。


 古賀事務局長らは、正規労働者の減少や過去最高水準の所得格差の拡大など、あらゆる分野で二極化と格差拡大が進行していると指摘。(1)安易な増税路線を撤回し、不公平是正に資する税制改革の実現(2)医療制度の抜本改革をはじめ社会保障制度の一体的改革(3)次世代育成支援の強化・拡充――など勤労者の声を政策運営に反映させるよう要望を受けました。
 私からは、「趣旨を踏まえ、党内でもしっかり議論し取り組んいく」との考えを述べました。






関連記事

  1. 「女性の政治参画拡大」森担当相から要請

  2. 公明党がん対策推進本部が文部科学省からヒアリング

  3. 日本医師会から要望

  4. 「新幹線・長崎ルート促進を」整備促進に関する要望

  5. 署名簿を添え「児童手当拡充」を厚労省に求める

  6. グループ補助金拡充で中小企業庁・鈴木長官に要請