桜島火山活動対策議会協議会からの要望

_1_201510290901267c7.jpg

10月20日(火)、私は、衆院第1議員会館で、鹿児島県の桜島火山活動対策議会協議会(仮屋秀一会長=鹿児島市議会議長)から要望を受けました。

協議会側は、8月15日から9月1日までの間、桜島の噴火警戒レベルが3(入山規制)から4(避難準備)に引き上げられたことに言及。爆発回数も「今年は観測史上最多に迫るペース」と指摘し、火山観測・研究の推進や避難のための道路整備などを求めました。また「地域の高齢化が進み、降灰の除去に苦労している」として、支援を訴えた。私は「しっかり取り組んでいく」と応じました。



関連記事

  1. 岩手・宮城内陸地震対策で総理に緊急申し入れ

  2. 東北市長会から「道路特定財源」の要請受ける

  3. 日弁連から要望

  4. 「指定都市市長会」と要望懇談

  5. 青森・弘前市長から竜巻被害の生活再建支援で要望

  6. 「漁業・漁村の活性化を」青森県漁連から要望